iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone自分で修理

iPhone 修理を自分でするのはどうなのか。自分で修理するにあたり注意すべき点やアドバイスをiPhone 修理店が解説してみた

iPhone (アイフォン)修理の動画がかなりの数がアップロードされており手先が器用な人であれば、自分でもやってみたくなる方や自分でもできるのでは無いかという感覚になるでしょう。
そこで今回はiPhone (アイフォン)修理店が修理をやったことがない方が修理にチャレンジすることについて考察してみました。

iPhone自分で修理

 

目次

 

 

 

自信があるなら自分でiPhone 修理をやってみよう

 

ここ数年動画投稿サービスの普及により何事もプロの技が身近に動画で見れるようになり、自宅をDIYしたり家具をDIYしたりまた、

自分でWEBページを作ってみたりなど様々なチャレンジが初めての方でもできるようになりました。
それはiPhone(アイフォン)修理も例外ではありません。

いろんなiPhone(アイフォン)修理店のサイトでは自分で修理はお薦めしないと散見されますが、

当店の考えでは「やってみてはどうか」と感じます。

まず何事もチャレンジしてみて失敗したら当店のような修理店に依頼すればいいだけの話です。

仮にチャレンジして成功した場合、安価で修理ができお財布にも優しく自分で修理ができたという自負にもなるでしょう。

しかし、絶対に失敗したくない。背水の陣で修理してみようという感覚はお勧めしません。

多くの修理店の記事に散見される「お勧めしない」という記述はこの背水の陣で修理をするという方向けに発信されたものなのでしょう。

 

 

iPhone 修理でよくある失敗

 

当店は今年の7月からオープンしてなのであまり期間がありませんが前職などの経験を踏まえて自分で修理して失敗して持ってきた方や、

知人知り合いなどが自分でやってみたけど失敗したという相談など多くみてきました。

また、新人の修理スタッフに研修を行ってきた経験もあるので失敗するポイントはなんとなくわかります。

  • ホームボタンが効かなくなる

これはよくある失敗例です。iPhone5sから指紋認証機能が搭載されiPhone8までこの機能はホームボタンによって認証されてきました。
特によく失敗が見るのはiPhone5s/iPhoneSEのホームボタンです。

この機種は画面と内部本体側にへその緒みたいな形で接続されてあり、画面を開く際に強く引っ張ると千切れます。

こうなるとホームボタンはおしまいです。指紋認証は2度と戻らず、修理店に行ってホームボタンを交換してもらいクリックの機能だけ戻すのが関の山でしょう。

機種によってはそれさえも難しいのでそこからはAssistiveTouchを永久に使う羽目になります。

  • バッテリー発火事件

これも稀にみます。真っ黒焦げになったiPhone(アイフォン)を持ち込んでいただいたことも何度かあります。凄まじいくらいに焦げついており匂いも焦げ臭いです。

治るかわからない旨も説明して修理を何回かしたことがありますが、今のところ自分が修理したものは運が良いのか全部修理復旧しております。なぜ、iPhone(アイフォン)が発火するのかというと、基本発火する箇所はパッテリーです。

バッテリーはリチウムイオン電池を採用しており、このリチウムイオン電池は傷や断裂によりショートして発火します。

一度、研修中に研修生が発火させたことがあり直近でみたことがありますがかなりの勢いで発火します。バッテリーを外す際に無理やり外したりピンセットを刺したりすると発火します。

これは最悪命の危険性があるので一番注意したい事故ですね。

  • うんともすんとも言わない。りんごループになる。itunesを繋いでください表示

この症状はiPhone(アイフォン)の基板を痛めてしまった際によくある症状です。

うんともすんとも言わないというのはおそらく画面表示するコネクターやコンデンサなどの箇所を爪や器具ピンセットなどでつついてしまった可能性が高いです。

りんごループと言われるりんごマークがついて消えても同じように基板が損傷した際に付くことが多いです。

itunesを繋いでくださいというのもリカバリーモードというモードなのですが同じく基板が損傷した際に起きる症状です。
※りんごループ・リカバリーモードは別の要因でもなりますが修理中になる場合は、元々基板に問題があったか修理中に粗相を犯したかのいずれかです。

 

まずはいらないiPhoen から修理をやってみよう

なんだかんだ言ってiPhone(アイフォン)は高級品です。最新スマホなら基本10万円はします。

廉価版でも5万円くらいするので安くはない金額でしょう。

古くなったiPhone(アイフォン)も意外にも買取価格で数万で買い取ってくれたりする業者もいるのでまずはiPhone(アイフォン)は高いという認識を持った方が良いでしょう。

まずiPhone(アイフォン)を自分で修理したくなった場合は、いらないiPhone(アイフォン)から試してみましょう。

また、どうしても自分で修理を失敗したく無いという方には、道具をしっかりしたものを購入する事をお勧めします。

道具一つとっても我々iPhone修理スタッフに好みも分かれもちろんこれにより修理のしやすさは格段に変わります。安く修理をしたがために修理道具までケチってしまうと最終的にはかなりお金がかかってしまうなんてこともあります。

また、あとはiPhone(アイフォン)の中がどうなっているのか動画サイトや分解サイトで目に焼き付けてやった方がいいしょう。

画面を開ける際にここからヘラを入れていたとか、ヘラを入れ過ぎないとかここら辺も修理に至っては重要なポイントになります。

おさらい

自分で修理に挑戦することは大いに賛成です。しかし、その危険性やデメリットを把握した上でちゃんと動画を見て予習しておく・道具をしっかりと用意するなど事前準備をすることで失敗するケースはだいぶ低くなります。

また、自分で修理する上で一番ハードルが高いのは修理パーツです。よく自分で修理するパーツといえば画面や液晶などのパーツやバッテリーでしょう。アマゾンなどで販売されておりますが中には粗悪な業者もおり、そのパーツを使用したが為の不具合なども出てきます。

しかしほとんどは、保証などもなく素人が修理しているので自分で壊したのかパーツが原因で壊れたのかは判別のつきようが無いのが事実です。

※顕微鏡などで細かな検証をすれば判明しますがそこまでする販売業者や外部に調査する手間と金額を鑑みるとそのような行為には及ばないのが現実でしょう。

  • パーツ仕入れ先によっては粗悪なパーツもある&
  • 最悪のケース発火による火災などの事故につながる&
  • iPhone(アイフォン)修理を失敗して文鎮化する可能性もある
  • ボタンなど一部機能が使用できなくなるなどの可能性がある&

これが自分で修理するデメリットと言えるでしょう。

上記の事を承知で修理をしてみるのはありだと思います。

※自己責任でお願いいたします。当店では、自分で修理する上ので責任は一切取りません。

店舗名 スマホ修理ドットコム
住所 〒3360022 埼玉県さいたま市南区白幡5丁目19−19 武蔵浦和マーレA館 2F
電話番号 050-7128-8127
営業時間 10:00~20:00

 

.
オンライン予約

 

修理メニュー