iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

データを抱える男性

壊れた iPhone からデータを取り出す事は出来る?出来ない?取り出し方は?

iPhone (アイフォン)に入っている写真や連絡先・ライン・ゲームなどの

データを取り出したいけど、壊れてしまっている…

という方、もしかしたらそのデータ取り出せるかもしれません!

 

今回は

壊れていても取り出せるケース、

取り出せないケースのご紹介とデータの取り出し方を解説します!

 

壊れている端末からデータを取り出す方法

そもそもどうやって壊れたスマホからデータを取り出すのか?

まずはお持ちいただいたスマホを調べて

何が原因を探っていく必要があるので、

様々なパーツを使い、可能性をひとつひとつ潰していきます。

 

原因箇所が判明したら、

その部分の修理(パーツ交換)をして操作ができる様にします

そうすると中のデータは残っているので

取り出すことができる様になる。というのが一連の流れです。

 

基本的には操作ができない限り、データの取り出しは不可能なので

とにかく原因を探ってそこを直すしか方法はないのですが、

その原因によっては、直るもの・直らないものがあります。

 

データ取り出しができるケース

基本的には、パーツの交換で直るものはデータの取り出しが可能です。

例えば、

・画面が真っ暗/タッチが効かない/音だけする(画面修理)

・電源が入らない/リンゴループ/充電が溜まらない(バッテリー交換)

・充電ができない(充電口修理)

等が原因で使えない場合です。

 

使えないからと言って中のデータまで消えてしまっている訳では

ありませんので修理すれば大丈夫なんです。

 

データ取り出しができないケース

逆にどんな場合に取り出しができないのかというと、

・基盤が故障している場合

・誤操作でパスコード入力され初期化が必要な場合

・既に初期化してある場合

等の場合は、取り出すことができません

 

1つ目の基板故障について。

基盤が壊れるといくら新品の部品をつけようと

元がダメになっているので直らない、というのは

皆さん何となく理解されているかと思いますが、

 

問題は2つ目の誤作動の話。

 

iPhone (アイフォン)は

10回以上パスコードを間違えると強制的にロックされ

初期化をしないと使えなくなる仕様なのですが、

画面割れや液晶不良を放置する事によって

発動してしまう事があります。

 

画面が映っていなかったり・縦線や黒いシミが映っていたり・

タッチが効かない・固まってしまっている、なんて状態で放っておくと

実際には映っていなくても内部では誤操作の嵐。

 

画面交換でやっと映ったと思ったら画面には初期化を案内する文字が…

なんてこと、意外と多いです。

 

修理店が不具合を放置しないで!と伝え続けているのは

こういった症状が悪化する事例が少なくないからなんです。

 

そして3つめ。

更新と間違えて初期化をしてしまったけど

データ取り出しできますか?と問い合わせをいただく事がありますが、

出来ません。

 

初期化というのは工場出荷時の状態に戻すもの。

内部の細かい設定はもちろん、データも全て消えてしまっています。

ここから取り出すというのは不可能です。

 

 

いかがでしたか?

データ取り出しの仕組みについて、

なんとなくご理解いただけましたでしょうか?

 

データの取り出しはどんな状態でも絶対に出来る!という訳では

ございませんので、

心配な方は常にバックアップを取っておきましょうね♪

 

修理料金はコチラ

修理メニュー

 

 

お電話でのご予約・お問い合わせ

050-7128-8127

HPでのご予約・お問い合わせ

スマホ修理ドットコムHP

 

お得な割引キャンペーンなどの最新情報はコチラ

7月31日まで、オープン記念割引で全メニュー1,000円引き♪

ご来店お待ちしております♪