iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone 高温注意

iPhone は猛暑に弱いので注意。バッテリー交換のすすめ。

今年の夏もこのままいけば猛暑が予想されます。

そうなるとお手持ちのiPhone (アイフォン)を車中に残したり直射日光に当たる場所においておくとバッテリーやiPhone(アイフォン)本体にダメージが蓄積されます。

バッテリーはリチウムイオン電池をスマホでは採用しており、このリチウムイオン電池は熱に弱い特性があります。

この特性により電池持ちや充電の減るスピードが速くなったりする場合も十分に考えられます。

 

iPhone (アイフォン)の画面に高音注意表示が出たら・・・

iPhone(アイフォン)を真夏に車中に残すと画面に「高音注意」の表示が出ます。

iPhone(アイフォン)に限らすスマホや電化製品は基本的に熱に弱いです。PCなど熱がこもりやすい電子機器はファンがついていたり排熱処理が行われるのですが当然iPhone(アイフォン)やスマホにそんな昨日は持ち合わせていません。

この表示が出た場合は電源を切り、涼しい場所におくなどして本体の温度を下げるようにしましょう。

 

高音注意の表示が出たので、iPhone を冷蔵庫に入れるのは危険

冷やしましょうと言うと誰もが考えつく冷蔵庫やクーラーボックスに入れると言う行為が思い付きます。

しかし、このiPhone(アイフォン)をいきなり温度が低いところにおいてしますとiPhone(アイフォン)内部が結露を起こしてしまいます。

この現象はこの時期にキンキンに冷えたグラスに水滴がつく現象と同じでiPhone(アイフォン)内部にもこの現象は起きる可能性があります。

当然そうなるとバッテリーなどが入っている箇所に水分がつくのでショートをし電源がつかなくなります。

水没の状態と全く同じことになります。

水没は一度復旧してもまた不具合が再発する可能性がある症状で端末自体にダメージを与える行為です。

これも電化製品全般に言われることですが水濡れは天敵です。

水の中で使う電化製品もあるじゃんと思われる方もいますが、水が濡れる箇所には防水できる処理や浸水しにくい箇所に濡れてはいけない箇所にメイン基板などを配置してあります。

 

 

劣化したバッテリーは午前中に電池切れする可能性も

iPhone(アイフォン)でバッテリーの状態を確認してみましょう。

設定→バッテリー→バッテリーの状態と開いていくと

バッテリーのパーセンテージが表示されます。

これが85%以下の方は注意です。

この数値以下の人は大体「なんか最近充電の持ちが悪いな」と感じる方がほとんどでしょう。

80%近辺ではかなり午前中に無くなってしまってモバイルバッテリーや車で充電をすると言う方も多いのではないでしょうか。

 

モバイルバッテリーや車などでの充電はバッテリーを劣化させる

最近では様々なモバイルバッテリーが販売されております。また、車でも充電が当たり前な時代になりましたが、iPhone(アイフォン)やスマホにとってこの2つの充電はおすすめはできないのが実情です。

 

これらの受電方法は電流が安定しないと言う点です。

安定しない電流が流れるとバッテリー自体の劣化が速くなる傾向があるようです。

ドライバーの方などどうしても必要という方以外はバッテリー交換をするなどして端末自体の寿命も長くできるよう努力がスマホライフの快適さにつながる可能性はあります。

 

 

バッテリー交換の料金はこちら!

オンライン予約