iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone おすすめ 選び方

iPhone (アイホン)を長く使うためにはどのiPhoneを選ぶべきなのか。

iPhone (アイフォン)がハイエンドスマホであることは実はまだ認知として知られていないのは事実ですが、うっすらと

「あれ?iPhone(アイフォン)にすると料金が高くなる」と言うのがわかっている方はわかっているかもしれません。

最近では菅首相主導の元で携帯料金の値下げが敢行され3大キャリアのdocomo.au.softbank,楽天モバイルがサブブランドを使わずに安い料金プランを用意する展開となりました。

それに引っ張られMVMOという格安スマホ・格安SIMと呼ばれる業者も値下げもしくは3大キャリアの新プランに合わせた大容量ブランなどを打ち出し顧客獲得に追われている状態です。

 

 

iPhone の料金が安くなったような気がする背景にあるものとは

この動きの中で通信料金が安くなりiPhone(アイフォン)にしても料金が安くなった気がしていますが、

iPhone(アイフォン)本体端末自体の料金は下がってはおらずむしろ値上がりしているのが事実です。

 

この菅首相の動きの前は割高な通信量と2年縛りという日本固有の料金プランによってiPhone(アイフォン)の値下げやキャッシュバック・0円スマホなどで安くハイエンドスマホやiPhone(アイフォン)を持てていた事実があります。

この料金プランもあってか日本ではiPhone(アイフォン)大国と呼ばれるほどiPhone(アイフォン)シェア率が世界で稀に見ないほど高い水準を維持しております。

しかし、ここ数年ではiPhoneが10万以上端末価格が超えるなどPC超えの料金がかかることやMNP乗り換えなどのキャッシュバックや大幅値引きなどが禁じられ徐々にシェア率を落としているもののまだ根強いiPhone(アイフォン)の強さがあるのは事実です。

余談ですが、これにより携帯乞食と呼ばれる回線を複数持ちMNPのキャッシュバック狙いや高額であるiPhoneを買取業者に現金化するなどの手法が廃れていったのもこの背景には孕んでいます。

 

iPhone を長く使うにはどんなものがいいのか。

結論:安いローエンドiPhoneです。

最近で言うと

iPhoneSE第二世代やiPhoneXRがこれに順当します。

また、型落ちのiPhoneがおすすめです。

単純に料金が安いので長く使うのでハイエンドと考えがちですが長く使うと言うことは機能についてもある程度あれば良いといった層がほとんどでしょうからローエンドの機能でも十分満足できるレベルと言えるでしょう。

また、ローエンドを長く使うと言う観点でお勧めしているのは我々、修理店だからこそローエンドiPhoneをお勧めしております。

長く使うと言うことはバッテリーの持ちが悪くなるタイミングが1年半以上で必ず訪れます。

そうなるとバッテリー交換の検討の時期に入り、

さらには、故障の際ガラスや液晶割れの際にハイエンドモデルですとかなり高額な修理になるケースも多くバッテリーは料金は大差ないものの画面は大きく料金が変わってきます。

特に最近で言うと通常のLCDと有機ELでは料金の差が結構開いており

iPhoneXSとiPhoneXRでの料金差は結構生じているのが事実です。

このことからiPhoneのローエンドを長期的に狙うのが賢い選択肢であると修理屋スタッフの観点から感じます。

 

 

iPhone 修理メニュー

オンライン予約