iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone 画面浮き バッテリー膨張

iPhone (アイホン)の画面浮きは修理で治るのか。

iPhone (アイフォン)の画面が浮いてくることがあるのはご存知でしょうか。

これにはいくつもの要因があり浮いてくる原因があり最悪のケースでは火災につながる事故が起きてもおかしくない場合もあります。

今回は画面浮きについて言及していきます。

 

iPhone 画面浮き要因1:バッテリーの膨張

これが一番大きな要因である可能性が高いです。

iPhone (アイフォン)画面の左部分が浮いていたりする場合はほとんどの場合はリチウムイオン電池の特性上年数が経つと内部にガスが生じパンパンに腫れてしまうケースもありこのガスがバッテリー内で膨らみ画面さえも押し上げてしまうというケースです。

他にも見分け方として白い画面にした際に液晶表示に一部箇所が通常よりも白い跡がある場合はそこからバッテリーが膨らんで下から液晶を押している為そのような表示になるのです。

PCなどのモニターを指で突くと揺れたりするのと同じ原理です。

このように画面が浮き出ることによりデメリットを解説していきます。

 

  • 内部に埃や異物が入り込む

清潔面でも良くはないですがiPhone(アイフォン)自体にとってもいいことではありません。

内部には基板と呼ばれている部分がありここに埃など大量に入り込むとうまく通電ができずショートを引き起こしたりします。

ショートすると電源が入らなくなりデータも取り出しが難しくなるケースがあります。

また当然隙間ができるという事は水分も入りやすくなるので水没の危険性も高まります。

 

  • 画面割れや液晶漏れを引き起こす。

バッテリーが膨張すると画面を押し上げてきますので画面がそれに耐えきれないレベルになったら割れたり画面が本体から剥離してタッチが効かなくなったり、バックライトにムラができるケースもあります。

また、画面が浮いてしまうと液晶とバックライトの間に隙間から埃が入り影ができてしまうケースもあります。

画面に影ができたりバックライトにムラができた場合は画面修理でしか改善は期待できないでしょう。

 

  • 隙間から入った異物やバッテリー膨張により外れたネジがバッテリーに刺さる。

これが一番懸念される事項です。

隙間から小石が入って開けたらバッテリーに刺さっていたiPhone(アイフォン)を見たことがあります。

これは一歩間違えれば火災につながるケースです。バッテリーに穴が開くと火が勢いよく出火し、煙もかなりの量が出て一瞬にして煙の匂いが出ることでしょう。

youtbeで「スマホ バッテリー 発火」などと調べていただければその恐ろしさがわかると思います。

 

iPhone 画面浮き要因1:本体部分の歪み

画面が浮く要素としてはバッテリー以外だと本体の歪みです。

iPhone6の際はアルミ部分が弱く尻ポッケに入れて座ると曲がっていたなんて話はよく聞きましたが、現在ではApple(アップル)側も改善してきているので少なくなっていますが、曲がるのは背面だけではなくてiPhone(アイフォン)自体を落としてしまって側面に大きな凹みがあると画面が割れていなくても浮いてくることはあります。

この場合、枠が内側に入り込むような形で歪みが生じガラス自体は変形しない素材ですので、そのまま上に浮き出てくるというものです。

 

さまざまな原因で画面が浮き上がってきます。

そうならないためにもバッテリーの交換をいち早くすることをお勧めします。

 

 

 

 

バッテリー関連の記事はこちら

忙しくなる前にiPhone のバッテリー交換していきませんか?

iPhone が充電できない?そんな時の意外な原因4選!対処法は?

iPhone バッテリーの寿命ってどれくらい?この症状が出たら要注意

iPhone は猛暑に弱いので注意。バッテリー交換のすすめ。

 

バッテリー交換のオンライン予約はこちら!!