iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone 水没

スマホ を海に落としたら時にすべき事。

今年も夏が来ました。車の中にスマホ を放置して電源が入らなくなったりiPhone(アイフォン)が「高音注意」と表示が出て一時的に使えなくて不便な思いをしている方もいるのではないでしょうか。

関連記事:iPhone は猛暑に弱いので注意。バッテリー交換のすすめ。

また、今年は例年と違い新型コロナウイルスの影響で海やビーチが制限されていますが、毎年通常なら海に行っているよという方もいるのではないでしょうか。

今回の記事は海にスマホを落としてしまった際にどうすべきか解説していきたいと思います。

 

前提:毎年ご来店する首から下げる防水カバーに浸水

毎年この時期になると海や川のレジャーが盛んになり水と接触する機会が多くなるのがこの夏です。

iPhone7以前までは防水機能が付いていなかったのでかなりの件数が依頼がありました。

しかしiPhone7以降から防水機能が搭載されてから水没の依頼は間違いなく減りました。

その中でも毎年ご依頼いただくのが、首から下げる防水ケースに気づいたら海水が入っていてiPhone(アイフォン)やスマホが起動しなくなっている。という案件があります。

このことから考えられるのは2ケースです。

 

  • 防水ケースの閉め方が甘い

これは使用方法がしっかりとできていないケースです。当然、締めが甘かったりするとそこから浸水するわけでこれにより起動不良になる可能性もある。

 

  • 防水ケースの機能自体に問題がある

これは購入した防水ケースの機能が低い可能性があります。海ですので体が動かすので動かすので動かす内に開いてきたりそもそもの防水性が引くのかなどで浸水するケースです。

これからは防水ケースはレニューなど見たりしてから購入するなりしっかり閉まっているかなどちゃんと確認してから使用するなどの対策が必要になります。

 

スマホ/iPhone(アイフォン)にとって海水は天敵

スマホやiPhone(アイフォン)に限らず電子基板がある電化製品は基板部分に水か濡れると電気が流れているので当然ショートします。これは通常の真水でもそうですが、海水といえば塩分が含まれております。

この塩分が通電をよくしてショートの大きさもより深刻になります。

また、この塩分がサビを助長させる成分のため、内部がサビやすくなったりし余計に修復率が下がります。

現に、海に落とした端末を開けると潮の匂いと中に真っ白なお塩がたくさん入っていることがほとんどです。

 

海に落とした場合はどうするのか

一番は電源を入れないことです。

先述したとおり電気が通りやすい海水がiPhone(アイフォン)本体内部に侵入しております。その際に通電をしたら症状が悪化します。

 

次に乾燥させること

水分を飛ばすことにより、通電した際にショートを防ぐためや錆びや腐食の進行を防ぐことができます。

 

水没したiPhone(アイフォン)を使いたいなら

データもそのままで治したいという方はスマホ修理ドットコムのような非正規店に持ち込むことをお勧めします。

理由は分解清掃をしているのは基本的に非正規店です。また、海水なら間違いなく塩分が内部に残っているので腐食や錆のスピードが早いです。

 

最後にまとめ

他の記事でも言及されておりますが、水没は故障してから早めに持ってくるのが1番の回復のコツです。

水に落としてその日が一番ベストです。特に海水は復旧率が通常と比較してだいぶ落ちるので一挙一動が重要です。

 

 

水没に関する記事はこちら

iPhone が水没してしまった…!そんな時に絶対にやってはいけない事4選

 

オンライン予約