iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone13 発売

iPhone修理屋が思うこんな機能がiPhone13に欲しいと思うこと。

さて、ここ最近は新型iPhone(アイフォン)の話題も加熱してきましたね。

大体昔は中国からのリークによるとっていう情報は間違いが多かったですがここ数年の精度はかなり上がってきておりほぼ間違いない情報をリークしてきております。

現在筆者がネットで調べると下記のようなiPhone(アイフォン)が発表されるそうな。

  • 名前はiPhone13
  • miniシリーズがコンシリーズまで出る
  • 画面内に指紋センサーが組み込まれる?

という点ですね。

 

参考記事は下記です。

そろそろ気になる新型iPhoneのお話

 

 

今回は完全なる筆者の妄想記事になりますので、お時間ある方はご一読お願いいたします。

 

本題に貼ります。

筆者が考えるiPhone(アイフォン)に欲しい機能の発表とその理由について解説していきます。

 

ホームボタン復活

いきなり味気ないことを書いているぞこいつと感じられるかもしれませんが、筆者はホームボタンがあるiPhone(アイフォン)しか所持したことがありません。故にiPhone12 miniへの機種変更も検討しましたがホームボタンがネックでiPhoneSE第二世代を今メインマシンとして使用しております。

ただ、ホームボタンといってもつける場所をandroid(アンドロイド)スマホみたいに背面に設置して欲しいです。

ここ最近のスマホは動画などの需要もあり大画面化が進んでおります。日本人は小さいiPhone(アイフォン)を望んでいますが多くは片手で持てない・操作できないという理由からだと推測できます。

筆者も男性ですが平均男性より手の大きさが間違いなく小さいので大画面で片手で操作ができるか怪しいというレベルです。

ホームボタンが背面のAppleロゴあたりにあると使い勝手がだいぶ変わるのではないかと感じております。

もちろんタッチIDも搭載はして欲しいものですね。フェイスIDはマスクで反応するようになったとはいえ、指一本で開けるというほうが個人的にはつかやすさはまだ軍配が上がります。

 

 

ちょっと離れても充電できるワイヤレス充電

筆者は先述したとおり、手が小さいのでスマホリングをケースに貼り付けております。その関係上で、ワイヤレス充電が反応しにくいのが難点です。つける位置を工夫しろという感じですが、そうなると結構下の方にリングを貼り付けないといけないので手が小さく画面上部に指が届かないのでリングをしている意味がなくなってしまいます。

ワイヤレス充電が反応するポイントにバンカーリングを貼り付けているのでワイヤレス充電の恩恵にまだ辿り着いていないので技術的にはこちらはいちゃもんになってしまいますが、お金が天から降ってくるよりはマシな妄想と思いたいものです。

 

軽量化されたデバイス

もうこれ書いてお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、基本手が小さく腕力がない筆者は大きいiPhone(アイフォン)を使っていると手首が疲れます。ここ最近の大型化に伴いバッテリーや有機ELなど致し方がないところがありますができることなら軽量化をしていただきたいですね。

 

 

 

 

おすすめ記事はこちら

「SIMがロックされています」解除方法は簡単★「PINコード」が必要!

iPhone のSuicaが反応しない時にやって欲しい対処法。

iPhone修理 の法人契約も可能です。