iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone 充電

角度をつけないと充電ができない!ドックコネクタが壊れてしまう原因とは。

意外と多い充電口に関する修理。(ドッグコネクタ)

充電口は毎日使う部分であり壊れやすいパーツなのは

みなさんご存知ですか?

 

そんな充電口は故障してしまう前にこんな症状があったら

要注意です・・・⚠️

 

 

▼こんな症状が出たら要注意!

 

  • 角度をつけないと充電ができない
  • 充電されるスピードが遅い
  • 充電をしていても充電が減る

 

この様な症状があった場合は充電口(ドックコネクタ)が故障

する前触れと思ってもいいでしょう。

しばらくは使えますが次第にケーブルを刺しても充電されない

反応しないといった症状がではじめます。

 

充電口(ドックコネクタ)は充電するためだけにある部分ではありません。

コネクタ部分が故障してしまうとケーブルを繋ぐことができなくなって

しまうのでPCでの同期、iTunesでのバックアップアップデート有線

イヤホンの接続までもができなくなってしまいます。

 

 

▼充電口が壊れてしまう原因は?

主に考えられる要因は3つ。

 

  • 充電口の水没

耐水機能が備わっているiPhoneですが充電口部分に耐水機能は

ついていません。

充電口に水がかかってしまえばショートやサビが原因で故障して

しまうことがあります。

 

  • アップル公式以外の安価な充電ケーブルの使用

公式の充電ケーブルと安価な充電ケーブルの違いは電圧

iPhoneに合わない電圧で充電をし続けることによって充電口に

不具合が起きてしまうという例があります・・・(筆者)

またバッテリーの劣化を早めてしまうこともありますので

なるべく充電ケーブルは公式のを使用しましょう。

 

  • 経年劣化

1番の原因として多いのがこの経年劣化です。

毎日使用している部分なので防ぎ用がないですが壊れない様に、

長く使用するためには純正の充電ケーブルを使用水没を

させない充電しながらの使用は控えるなどなるべく負担を

かけない様にしておきましょう。

 

 

▼充電口が故障してしまった時は

  • 早めの修理が大切です!

当店、スマホ修理ドットコムではiPhoneの充電口修理を受け付けて

おります。

作業時間は大体1時間ほど。商業施設内のため待ち時間が退屈せず

過ごせる環境になっております♪

 

他、iPhone(アイフォン)に関する修理内容

↓     ↓     ↓

修理メニュー

 

 

 

 

 

▼過去のブログ記事

 

 

スマホ修理ドットコムでは、

iPhone(アイフォン)の修理はもちろん!

Android(アンドロイド)/iPad(画面のみ)

Switch(アナログスティック)の修理も受け付けております!

 

わからないこと、気になることがあればお気軽にお電話、

店頭にてお待ちしております♪