iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhoneいきなり電源つかない

iPhone(アイフォン)がいきなり電源がつかなくなるのは何故か。

 

最近ではiPhone(アイフォン)やスマホではモバイルsuicaやQRコード決済などのPay払いなどの充実によってスマホ一個あればほぼ生活ができてしまう生活様式になりましたがそんなiPhone(アイフォン)がいきなり電源がつかなくなった際の絶望感は甚大です。

 

今回はそんな絶望感を味わなくてもいいようにどんな理由でiPhone(アイフォン)が電源がいきなり入らなくなるのか修理スタッフが解説とその対策について記事にしていきます。

 

 

iPhoneのメモリ容量不足

iPhoneの空き容量が残りわずかです。

この通知が出たときは黄色信号と思いましょう。

その場合、いらない勝手に取ってしまったどうでもいい写真や動画をすぐに消しましょう。

通知が出ているけど無視をしているという人はいち早く、空き容量を確保しないと危険です。

何故なら、iPhone(アイフォン)は空き容量がないと文鎮化と呼ばれる電源が入らなくなってしまう

症状やりんごループと呼ばれるAppleマークが繰り返し表示され続けるという症状が出る可能性があります。

 

iPhone(アイフォン)は常に中のiOSをバージョンアップすることにより

セキュリティーの精度を高くして悪質なウイルスやアプリなどから個人情報を守ってくれております。

他にも重大なバグから細かいバグなどにも対応したり消費電力を抑える機能を追加したりなど

iPhone(アイフォン)を使用しているのであればバージョンアップは必須です。

 

そのバージョンアップをする際に必要なのが「iPhoneの空き容量」なのです。

このバージョンアップをするのにも容量が必要で、

空き容量がないとバージョンアップが進まないという状態になるのです。

この「バージョンアップが進まない」という状態になると

iPhone(アイフォン)が文鎮化するケースがあります。

またこの状態になるということは初期化もできないケースもあるので

文字通りiPhone(アイフォン)が文鎮になります。

 

これらは、iPhone(アイフォン)の中で一体何が起きているのかというと、

バージョンアップをする際に十分な空き容量がないとiPhone(アイフォン)が繰り返し

バージョンアップをしようとして、当然空き容量がないのでバージョンアップができなく

一度キャンセルしてもう一度バージョンアップをiPhone(アイフォン)が試みるという

くりかしが延々とバッテリー充電がなくなるまで繰り返されます。

 

自動バージョンアップに・夜間にバージョンアップ設定に注意

このように空き容量がない状態でのバージョンアップがいかに危険かお分かりいただいたかと思うのですが、中には「バージョンアップした記憶がない」という方もいるでしょう。

  • 朝起きたら電源が入らずうんともすんとも言わない
  • 家に帰ってきたら(職場に戻ったら)画面が真っ暗
  • いきなり画面がフッと消えて

という方もおそらくはiOSのバージョンアップが自動バージョンアップが設定されたり、後でバージョンアップをパスコードを入れて設定しているのを忘れていてという方がこれに該当するケースでしょう。

 

iOSのバージョンアップ・アップデートはwifiに接続時でかつある一定上の充電容量が残っている時か、充電されている状態で開始されるので気づかずバージョンアップが開始されており気づいた時には文鎮化して画面真っ暗のまま何も動かない状態になってしまうのでしょう。

 

iPhone(アイフォン)の空き容量の作り方はこちらの記事がわかりやすいので参照してみるといいでしょう。(下記引用記事)

 

iPhoneの容量不足時に空きストレージを増やす方法 全まとめ

 

 

iPhone(アイフォン)電源がいきなり入らなくなったに関連する記事はこちら

音は鳴るけど画面が真っ暗のまま。その症状、修理すればほぼ直る!

iPhone が充電できない?そんな時の意外な原因4選!対処法は?

iPhone バッテリーの寿命ってどれくらい?この症状が出たら要注意

iPhone が電源が入らない場合は修理で治るものなのか修理スタッフが解説してみた。

 

iPhone(アイフォン)りんごループの原因についての記事(外部)

りんごループになる方急増中/ならないために〜要注意〜