iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

頭を抱える男性

iPhone が熱くなったら要注意!?恐ろしい「熱暴走」の原因と対処法。

iPhone (アイフォン)内部に搭載されているリチウムイオンバッテリー。

とっても便利なものですが、使い方を間違えると色んな危険が…

 

今回は、バッテリーが熱くなる原因・対処法についてご紹介します!

 

バッテリーが熱くなる原因は?

バッテリーが熱くなってしまう原因はいくつかあります。

 

・使用しているアプリの容量

容量の大きいゲームアプリやマップアプリなどは

その処理をするのに、スマホに端末に負担をかけてしまうので

熱くなりやすいです。

 

・バッテリーが劣化している

アイフォン のバッテリーの寿命は約1年半〜2年程度。

もちろん使い方によって差は出ますが大体これぐらいの期間

使い続けると、何かしらの不具合が出てくることが多いです。

充電してもすぐに減ってしまったり、

バッテリーが熱を持ってしまうというのも劣化による症状のひとつです。

 

・スマホ自体の容量がいっぱい

アプリではなく、スマホ自体の容量(画像や動画・アプリの数等)が

いっぱいになっている場合でも負担がかかってしまう為、

熱くなる原因に。

 

使い続けるとどうなる?

熱くても使い続けてしまった場合、「熱暴走」を起こす可能性があります。

「熱暴走」とはその名の通り、

熱によって端末が制御できなくなり暴走してしまうこと。

もしそうなってしまった場合、様々な不具合が発生する可能性があります。

・画面が映らなくなる

・画面が勝手に動く(ゴーストタッチ)

・電源が入らなくなる

・充電ができなくなる

・カメラがおかしくなる

 

等、このような症状が出る可能性があり

最悪の場合、いろんな不具合が同時にでてしまったり

修理しても直らない、なんてこともあります。

 

どうすればいい?対処法は?

もしもスマホが熱くなってしまったら、

すぐに正しく冷やすことが大事。

 

・使用をやめ、電源を切る。

まずはスマホにかかる負担をなくしてあげましょう。

使っていなくても電源が入っていると内部では何かしら動いていたりするので、

電源もしっかり切りましょう。

 

・日の当たらないところに放置

高温多湿のところは避けて、

涼しくて風通しの良いところに放置しておきましょう。

できれば冷房が入っている部屋などがベストです。

 

・扇風機を使ってもOK

もし扇風機があるのであれば、静かに風を送ってあげるのも手です。

 

絶対やってはいけないこと

間違った冷やし方をしてしまうと、

スマホが壊れてしまうことがあります。

 

・冷蔵庫に入れる

急激に冷やしてしまうと、内部で結露が発生し、

水没によって回路がショートしてしまうことがあります。

 

・水をかける

アイフォンは完全防水ではありません。

ある程度の耐水機能は付いていますが

水をかけ続けると耐えきれずに水没してしまいます。

 

・保冷剤を当てる

これもやりがちですが急激に冷やしてしまうので

よくありません。

 

 

とても危険な「熱暴走」。

夏場は特に、沢山のご相談をいただきます。

スマホが熱くなってきたらすぐに使用をやめて正しく冷やすことが大事。

修理しても直らないなんてことにならないよう、覚えておきましょう。

 

 

修理メニュー

 

 

↑修理料金はコチラ

お電話でのご予約・お問い合わせ

050-7128-8127

HPでのご予約・お問い合わせ

スマホ修理ドットコムHP

 

お得な割引キャンペーンなどの最新情報はコチラ