iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

クラウドデータ

iPhone(アイフォン)の容量不足には注意です!

皆さんは今お使いのiPhoneの空き容量は把握していますか?

長く使うにつれてどんどん増えていくデータは知らない間に

容量がパンパンになってた!なんてことがよくあります。

そんなiPhoneの空き容量は少なくなればなるほど本体に影響を

与えてしまっていることは知っていましたか?

バックアップができないほどパンパンに入ったデータは

iPhoneの不具合やエラーの発生の原因になります。

 

◉iPhone本体の空き容量の確認方法

 

「設定」→「一般」→「情報」

で、本体の容量の確認ができます。

 

 

「使用可能」が空き容量になります。

 

 

◉使用している容量の確認

 

「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」

 

 

 

使用している容量は38.9GBになります。

 

容量は機種によって変わってきます。

最新の機種iPhone12シリーズだと

iPhone12 64GB・128GB・256GB
iPhone12mini 64GB・128GB・256GB
iPhone12pro 128GB・256GB・512GB
iPhone12promax 128GB・256GB・512GB

 

 

◉容量不足になってしまったらどうなるの?

容量不足になってしまうと写真の保存、ミュージック、必要なデータの

保存ができなくなってしまいます。

アプリのインストールやアップデートもできなくなってしまいます。

この容量がパンパンのまま使用し続けると新しいデータの保存ができな

るのはもちろん最初にもいった通りiPhoneの不具合、エラーに繋がります。

 

  • リンゴループ
  • フリーズ

 

この症状がおきてしまった場合、PCに繋げて本体のアップデート

もしくは強制的に初期化が必要になってしまうこともあります。

初期化をしてしまうともちろん今までのデータは無くなってしまい

ますのでアップデートをとっていなかったりすると再びデータを

呼び戻すことはできません。

 

この不具合やエラーは起きないようにするためには

  • 常にバックアップ
  • 定期的に容量の確認
  • 空き容量が少なくなっている場合は写真や不要なデータの削除をする

 

容量を圧迫する多くの原因が「写真」や「動画」。

GoogleフォトAmazonフォトなど写真保存アプリに保存することで

本体の容量を軽くすることができます!

 

 

スマホ修理ドットコムでは!

iPhone修理の他にもAndroid、iPad、Switchの修理も

可能です★

 

価格の確認は下のバナーをポチッと!

修理メニュー

 

ご予約・お問い合わせはこちらを!

オンライン予約

 

◉iPhone、アンドロイドに関するお役立ち情報