iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

【注意】 iPhone がウイルス感染する!?原因や対策・やってはいけないこと

iPhone の画面上に

「この端末はウイルスに感染しました」

「ウイルスを◯個検出しました」

「OKを押して問題を解決してください」

等の表示が出たことはありませんか?

 

いきなり出てきてウイルスに感染していると言われても

焦ってしまってどうしたらいいか分かりませんよね。

 

そもそもあれは何故表示されてしまうのか?

どう対処すればいいのか?

解説していきます。

 

ウイルス感染の表示が出る原因

アイフォンにウイルスに関する警告文が出る場合、そのほとんどが偽物です。

特に、ブラウザ上で警告文が表示された場合は

本当にウイルスに感染したわけではなく、詐欺のようなもの。

アイフォンがウイルスを検知して警告文を表示させることは無いんです。

 

ユーザーに警告を出し、

「ハッカーに追跡されている」

「今すぐ対処しないと危険」

等、わざと焦らせるような言葉を並べて

ボタンを押させてどこかに誘導しようとするサイトが多く、

 

誘導先はウイルス対策のアプリインストール画面や

サブスクのサイト登録画面など、様々。

無料登録と書いてあるのに気づいたら有料会員に切り替わっていたり。

料金も通常ではあり得ない金額を請求してきたりします。

 

さらに悪質なものだと、個人情報・Apple IDを入力させて

情報を盗もうとするサイトもあります。

悪用されてしまう恐れがあるので

絶対に騙されないようにしましょう。

 

もし警告が出てしまったら?

特に何もしなくて大丈夫です。ワンクリック詐欺と同じ。

警告文が表示されたら、「OK」や「インストール」等の

案内やボタンは無視してページごと消しましょう。

 

押すと違うページに誘導されてしまうことがほとんどなので、

ボタンは押さずに閉じてください。

戻るボタンが押せなくても焦らなくて大丈夫。

閉じてなかったことにしてしまいましょう。

 

「アップルセキュリティ」

最近ではApple社を名乗る偽物警告も出てきています。

「アップルセキュリティ」という名前とリンゴマークが表示され、

信じてしまう人が多いですが

最初に言った通り、アップルがウイルスを検知して警告文を出すことはありません。

アップルセキュリティと出た時点で偽物だと思っていいでしょう。

 

「iOSデバイスに関する重要なお知らせ」

「お使いのデバイスでウイルスが検出され、ダメージを受けています」

「あなたのパスワードにはリスクがあります」

等、それっぽくて焦ってしまうような言葉が並んでいますが

気にせずスルーしましょう。

 

 

以上、ウイルス感染の警告文についてまとめてみました。

 

とにかく変な表示が出たら絶対に押さずにページごと閉じること。

そして対策として、怪しいページやサイトはクリックしないようにすることが大切です。

 

 

修理メニュー

 

 

↑修理料金はコチラ

お電話でのご予約・お問い合わせ

050-7128-8127

HPでのご予約・お問い合わせ

スマホ修理ドットコムHP

 

お得な割引キャンペーンなどの最新情報はコチラ