iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone の表面はバイキンだらけ?定期的な除菌がおすすめです!

iPhone / Android の表面にどれぐらいバイ菌がいるかご存知ですか?

 

新型コロナウイルスが流行り出してから、

手指の消毒やマスクの着用・帰ってからも手洗いうがいが常識になりましたが

スマホは何もせずそのまま使っている方がほとんどだと思います。

 

実はそのスマホに付いている菌の量は、

トイレの便座の約10倍。

これは実際にアメリカの大学の研究によって判明したこと。

恐ろしいですね…

 

とにかく思ったよりも汚いのは分かったけど、

実際どうやって消毒したらいいの?という方の為に

端末ごとの、具体的な消毒・除菌方法をご紹介していきます。

 

〈消毒方法〉

まずどの機種の消毒をする時も共通して大事なのは、

・電源は落とし、ケーブル類は外して行う。

・ティッシュではなく、メガネ拭きや専用のクロス等を使用して行う。

・漂白剤が入ったものは絶対に使わない

この3つです。

それを踏まえた上で、機種ごとに消毒を行ってください。

 

※各メーカーの推奨方法に従って行った場合でも

コーティングの剥がれ・退色・変色しないことを保証する訳ではないそうです。

自己責任で行ってください。

 

★Apple製品

イソプロピルアルコール(70%)含有のワイプもしくは

クロロックス除菌ワイプを使って優しく拭き取る。

 

★SHARP製品

エタノールを含む除菌シート等で、表面を優しく拭き取る。

隙間から液体が入り込まないように注意。

 

★Sony製品

少量のエタノール(80%以下)を含む柔らかい布で優しく拭き取った後に、

メガネ拭きや専用のクロス等で跡を拭き取る。

 

★Google製品

一般的な家庭用除菌シートを使って優しく拭き取る。

 

★LG製品

消毒用アルコール(エタノール70%以上のものorイソプロピルアルコール)を含む

マイクロファイバー製の布などで優しく拭き取る。

 

★京セラ製品

エタノールもしくはイソプロピルアルコール(両方99.5%以下)を含んだ

糸くずの出ない柔らかい布で拭き取る。

 

以上が各メーカーが推奨している消毒方法だそうです。

大体がエタノールやイソプロピルアルコールを使った方法ですね。

市販で手に入りやすい上に簡単な方法しかないので、

手軽に出来そうです。

 

スピーカー部分や充電口部分などにアルコールの液体が入らないようにだけ

注意しながら、定期的に消毒してあげてくださいね!

 

画面修理/バッテリー交換/カメラ/充電口/

スピーカー/ボタン類/ガラスコーティングなど随時受付中!

修理メニュー

 

 

↑修理料金はコチラ

お電話でのご予約・お問い合わせ

050-7128-8127

HPでのご予約・お問い合わせ

スマホ修理ドットコムHP

 

お得な割引キャンペーンなどの最新情報はコチラ