・今なお続くライトニングケーブル

Appleの主戦力であるiPad、iPhoneでは一部を除き基本的にはライトニングケーブルが採用されています。

 

←こちらのケーブルです!

iPhoneでは5から採用されたケーブルでありApple製品のみに用いられている充電規格であります。

既に採用されてから長いということもあり現在ではスマートフォンをはじめデバイスの充電にはUSB-C(USB-TYPE C)が用いられるケースが多くなりました。

性能的にもライトニングケーブルよりもまさっている点が多いため最も普及している充電規格かと思われます。

データ転送速度も全く違うため、すでにライトニングケーブルは時代遅れという辛辣な意見もちらほら見受けられます。

また取り回し的な問題もあります。

簡単に言えばライトニングケーブルはアップル製品にしか使えないですが、USB-Cであれば他の製品で使い回すこともできます。

だからAppleでもUSB-Cを充電規格にしてくれー!という声はAppleの把握していると思いますが未だ実現せず!

そんな中、とあるユーザーが・・・・・。

 

・iPhoneXを改造し充電規格をUSB-Cにしてしまう

もちろんただパーツ交換をするだけではいけませんし、こちらの方に凄まじい執念と技術力あってのお話です。

実際にiPhoneXにUSB-Cを差し込むと認識され充電が進むではありませんか!

まさにアップルユーザーが夢にまでみた製品の状態でした。

紛れもなく世界で最初のUSB-Cで充電できるiPhoneとなりました。

現在オークションサイトでは900万円を超える価格がつけられています。

もちろん金額を考えるといたずらの入札という可能性もありますが、注目されていることは間違いありません。

正直、金額が金額ならちょっと欲しいと思いましたし、私がアラブの石油王なら入札していたと思います。

やはり充電速度やデータの転送速度、他製品との取り回しを考えた時に現状、ライトニングケーブルはかなり不利なのでは?という印象です。

 

・今後、採用されるかUSB-C

既にMacBookPro、iPad Proでは一部ですがUSB-Cに規格が変更されています。

しかし、まだ一部のみであり今後、iPhoneなどが変更されるかどうかは不明です。

実際、最近でたiPhone 13シリーズでも採用はなかったため、望みは薄いのかもしれません。

 

 

スマホ修理ドットコムの修理価格表はバナーをクリック

修理メニュー

 

 

 

 

スマホ修理ドットコムのオンライン予約はバナーをクリック

オンライン予約

 

 

2 Responses

Comments are closed.