iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

【 iPhone 】クイックスタートができない時はココをチェック!

iPhone を機種変更する時に、

パソコンやiCloudを使わず簡単にデータの移行ができる「クイックスタート」。

 

事前のバックアップも不要でとても便利な機能ですが、

なんだか上手く出来ない…なにが原因なのかもわからない…

と途中、困ってしまう人が多いようです。

 

クイックスタートがうまく出来ない時、考えられる原因はいくつかあります。

 

今回は、「クイックスタート」が出来ない時にチェックしてみてほしい

ポイントについてご紹介をしていこうと思います!

 

★iOSのバージョンは大丈夫?

クイックスタートを使ってデータ移行をする場合、

両方の端末でiOS12.4以降のバージョンになっている必要があります。

片方が古いバージョンだったりすると条件を満たせず

クイックスタートが使えませんので事前に

アップデートしておきましょう。

 

★スマホを離しすぎていない?

当たり前ですが、クイックスタートを行う時には

スマホ同士を近づけて行います。

ある程度離してもできるようですが、

離しすぎると反応してくれなくなってしまいます。

目安としては約1mまでとされているようですが、

問題なく行うために心配な方や反応していない場合は、

もっと近くに置いてみてください。

 

★Bluetoothはオンになってる?

Bluetoothがオフになっているとクイックスタートは使えません。

あらかじめ設定からオンにしておきましょう。

 

★Wi-Fiは繋がってる?

データの移行は Wi-Fiがつながっていないとできません。

しっかり接続できるか、回線が不安定にならないか、

事前に確認をしておきましょう。

 

★初期化してある?

新品のアイフォンを購入した場合はこの心配は不要ですが、

中古で買ってきた場合や古い端末を使う場合などは

その端末が初期化してあるか、確認してください。

初期設定が済んだ状態ならクイックスタートはできませんので

再度、初期化が必要になります。

 

★Apple IDは設定されてる?

旧機種で、AppleIDは設定してありますか?

設定していない場合、途中のAppleID入力の場面で進めなくなってしまうので

クイックスタートを使うことはできません。

こちらもしっかりと事前に確認をしておきましょう。

 

★カメラは大丈夫?

途中の画像認証でカメラ機能を使うので、

カメラが壊れている場合は認証ができなくなります。

手動で認証という機能もありますが、

画像の認証に比べると若干手間がかかります。

カメラに異常がある場合も通常の画像での認証ができなくなることは

覚えておきましょう。

 

 

「クイックスタート」ができない時は、

よくよく確認してみると条件を満たしてなかったり

設定がうまくできていなかったりと、

うっかりミスが原因になっていることも多いです。

上記の項目を参考に、もう一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

【 iPhone修理・Android修理 】

画面修理/バッテリー交換/カメラ/充電口/

スピーカー/ボタン類/ガラスコーティングなど随時受付中!

修理メニュー

 

 

↑修理料金はコチラ

お電話でのご予約・お問い合わせ→ 048-711-9092

HPでのご予約・お問い合わせ→ スマホ修理ドットコムHP

公式ラインでのお問い合わせ→ https://lin.ee/bwRd7nD

お得な割引キャンペーンなどの最新情報はコチラ