iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

ちょっと知っておくと便利なiPhoneの小技3選!

 

・知っておくと捗る小技

ちょっと知っておくと捗る小技3選をご紹介。

便利だと思うものがあれば早速、導入してみてください。

 

・iPhoneX以降で使う仮想ホームボタン

 

まずはアプリの設定を選んでください。

少し下にスクロールしますと、「アクセシビリティ」という項目があるのでタップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて「タッチ」をタップしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

項目1番上の「アシスティブタッチ」というところを写真と同じ状態にすることで

画面上に丸いスイッチが現れます。

これは画面上に浮かべてつかう仮想ホームボタンであり、従来のホームボタンのような感覚で使用することができます。

例えばお写真ではシングルタップ、一回のタップでメニューを開くとなっていますがカスタマイズすることができます。

ホーム」に設定することでシングルタップでホームへ戻ることができます。

X以降に発売されているホームボタンレスモデルの操作がちょっと慣れないという方や、お年寄りの方なんかには見た目にすぐわかるためおすすめです。

また他にもカスタマイズはたくさんできるため自分のお気に入り設定でアシスティブタッチを使いましょう。

 

 

・充電速度をスピードアップ!

結構行われている方が多い小技の一つです。

画面を暗くしているいわゆるスリープ状態でも、中はしっかりと稼働しているため電力の消費があります。

主に通信関係でバッテリーの消費が激しくなるので充電中は一旦止めてみましょう。

まずはホーム画面の状態から画面を下にスワイプ(iPhoneのモデル、iOSのバージョンよっては下からもあります)

 

 

するとこのような画面がでるので左上の大きい四角の中のアイコンにご注目ください。

緑色のアイコンの横に飛行機のマークがあると思いますがこれをタップしてください。

すると通信機能を一時的に遮断する「機内モード」に切り替わります。

通信分の消費電力が軽減され充電速度が上がるという仕組みです。

ちょっと急いで充電したいなーという時に使ってみてください。

 

 

・ブルーライトをカットするNightShiftモード

ナイトシフトモードを活用することで、ブルーライトをカットすることができます。

よく寝る前にiPhone使っているいう方はスムーズな入眠の手助けになるかもしれないので使ってみましょう。

 

では、先ほどと同じくホーム画面から設定アプリを開きましょう。

下にスクロールすると「画面表示と明るさ」という項目をタップ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この画面の中ほどにある「Night shift」をタップしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ここでナイトシフトモードの時間指定、手動でのON,OFFを切り替えることができます。

例えば24時くらいから朝の8時まで使いたいということであれば時間指定している間だけナイトシフトモードがONになります。

日頃からブルーライトを意識している方は積極的に使ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

スマホ修理ドットコムの修理料金表はバナーをクリック

 

 

 

 

スマホ修理ドットコムのオンライン予約、相談はバナーをクリック

 

 

 

公式LINEは画像からQRコードを読み取ってください