iPhone(アイフォン)やスマホ、タブレットもそうですが

大切に、丁寧に扱っていてもいつの間にか付いてしまう『キズ』。

 

iPhone(スマホも)やiPadなどのタブレットの画面はガラスでできている

ためどうしても細かいキズが付いてしまいます。

たとえフィルムは貼っていてもそのフィルムがバキバキに割れていた時、

剥がしてみると本体の画面にキズがついていた・・・ということも。

 

大切に扱っていた分画面にキズがついていたってわかった瞬間萎えること

間違いなし。それと同時に愛着もなくなる・・・私だけ?

 

  • 『一度付いてしまったキズは消せない?』

キズを無かったことにするのは難しいですが

「目立たなくする」ことはできる!それがコレ↓↓↓

 

 

腕時計用のコンパウンド

「コンパウンド」とはキズを消すために使用する研磨剤のこと

腕時計より車のかイメージしやすいでしょうか・・・。

コンパウンドをやわらかい布で取り、画面のキズがついている部分に塗り塗り。

仕上げは違う布で乾拭きしておしまいです。細かいキズは目立たなくなり綺麗に

なります。

 

※目の荒いコンパウンドを使うと余計に画面にキズがつく可能性があり。気をつけてね!

 

 

ワセリン・ヴァセリン

ワセリンもヴァセリンもどちらも同じ「ワセリン」です。

乾燥する冬、カサついた肘・膝、リップクリームとして使う方が多いですが

画面のキズ消し(目立たなくする)にも使えます!

画面のキズが付いた部分に塗り込むことでキズの間にワセリンが入り込みキズを目立たなく

なります。

デメリットはベッタベタになること。効果は永久的ではないのでキズが浮き出てきたら

塗り直すことが必須です。めんどいね・・・。

それかキズが浮き出る前にフィルムを貼るのも◯!

 

 

ガラスコーティング

これもイメージとしては車のコーティングと似ています。

細かいキズであればガラスコーティング の施工をすることで

キズを埋め目立たなくすることができます。キズを目立たなくするだけ

でなく画面自体の強度も上がるので落とした時の画面割れの対策にも。

 

※大きい、深いキズは消えません。でもガラスコーティングはなかなか取れないよ

 

 

画面のキズを完璧に消したい。その場合は

一度画面に付いたキズは自然に消えること、無かったことにすることはできません。

と、なると画面自体の交換が必要になります。

「キズが気になってしょうがない!!!もうやだ!!」のであればiPhone(アイフォン)

やスマホ、iPadの画面の交換もいいかもしれませんね。

 

 

 

武蔵浦和駅から0分

マーレ武蔵浦和2階にて「スマホ修理ドットコム」は営業しております!

■iPhone修理について

iPhone 修理メニュー

 

 

 

■ガラスコーティング は当店でも施工可能!

 

 

 

■ご予約は下のバナーから

スマホ修理オンライン予約