iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

AppleWatch武蔵浦和

Apple Watchのコントロールセンターにある顔が2つあるやつ、何?

Apple Watchを使っている方!

コントロールセンターに表示されているアイコン、なんの機能を果たすのか全て知っていますか?

モバイルデータ通信、Wi-Fi、アラームなど見ればなんとなくわかるものはありますが、顔が2つあるやつとかなんかよくわからないアイコンもありますよね。

Apple Watchを使って4年が経過している私でも知らない(気にしてなかった)機能があったので今回ご紹介できたらなあ、と思います・・・。

 

①顔が2つあるやつ

 

 

 

 

 

 

 

 

なんかあるのは知っていたけどとりあえず無視していた第一位:顔が2つあるやつ(多分)

この機能は「シアターモード」と言います。

このシアターモードをオンにすると手首をあげても画面は点灯しなくなります

それと同時に消音モードもオンになり着信音通知オンなど音が鳴らないように設定されます。

 

この機能は映画館の使用がおすすめです。

意外と眩しいApple Watch、シアターモードにすれば画面点灯しなくなり、さらに消音モードもオンになるので周りに迷惑をかけずにみんなで楽しく映画鑑賞できること間違いなし・・・!

 

②水滴マーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この水滴マークは「防水ロック」と呼ばれる機能になります。

Apple Watchを水から守るためにあるこの機能、どんな機能を果たすのかというと・・・。

  • 水濡れによる誤操作を防ぐ
  • 防水ロック機能をオフにするとスピーカーに入り込んだ水を排出する。

 

防水ロックをオンにしていればApple Watchをつけたままスイミングやサーフィン、シャワーを浴びている時でも問題なし!

 

 

③耳のマーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この機能は「ライブリスニング」と言います。

※AirPodsやBluetooth接続のイヤホンの使用が必須

 

ライブリスニング機能を使用するとiPhone(アイフォン)が周りの音拾い、Bluetoothイヤホンを介して離れた場所からでも音を聞くことができます。

補聴器代わりにもなるライブリスニング機能、

 

  • 料理中、iPhoneをテレビの前に置いてテレビの音を聞く
  • 騒がしい場所でも相手の話がよく聞くことができる など

 

少し使い道は少ないですが何か工夫すれば有効に使えそうなこの機能。

盗聴にも使えると話題になっていましたが、自分のiPhoneを盗聴したい場所に置かないと行けないので少しリスクが高いような・・・。

会議中、トイレに行きたい・・・という時、このライブリスニングを使えば離れた場所から(トイレ)でも会議の内容が聞けるので一応便利な機能・・・。そんなことしたら上司に怒られそうですけどね。

 

 

今回はApple Watch(アップルウォッチ)のコントロールセンターの機能についてでした!

今後もこのブログにてiPhoneやAndroid、Nintendo Switchなどのお役立ち情報を発信していきますのでよかったらまたみに来てくれたら嬉しいです・・・♪

 

■おすすめのブログ記事■

 

 

★ガラスコーティングの施工は当店まで★