iPhone(アイフォン)スマホ修理を武蔵浦和でお探しならスマホ修理ドットコムへ

USEFUL

お役立ち情報

iPhone 自己修理 失敗

iPhoneの自己修理後、指紋認証が使えなくなる人多し!

iPhone(アイフォン)の自己修理を考え中の方。

「画面割れたから〜」

「バッテリーの持ちが悪くなってきたな〜」など。

 

ちょっと待って!

 

iPhone(アイフォン)の修理方法はYouTubeなど動画サイトにあります。

またパーツもAmazonなどで比較的安価で売られているので自己修理をすれば

修理店で修理をするより安く済む方法ですが・・・。

 

自己修理の危険性、しっかり理解していますか?

 

何度か経験している方を除き、初めてiPhone(アイフォン)を修理しようとしている方。

自己修理にはいろいろなリスクがあります。

自己修理後に他の故障・不具合が発生し当店にくるお客様も多くいます。

今回はiPhoneの自己修理をして失敗・故障してしまった事例をご紹介いたします。

 

 

ホームボタン破壊

iPhone ホームボタン

 

 

 

 

 

 

バッテリー交換・画面交換などiPhone(アイフォン)の修理をする時に一番初めに

画面を開きます。

その際にヘラなどでホームボタンを傷つけてしまい、Touch ID(指紋認証)やホームボタンを

押しても反応がないなど・・・。

iPhoneSE以前のホームボタン(指紋認証なし)であれば交換することで再度使うことができますが、

iPhone7、8など指紋認証が搭載されていて且つ感圧式のボームボタンの場合修理は非常に難しいです。

壊れてもOK!であれば画面上に出せる擬似ホームボタンの使用すれば問題ありません。

(もちろん指紋認証は使えません)

 

画面・インカメラケーブル断線

iPhone ケーブル 断線

 

 

 

 

 

 

 

 

これは修理する際画面を開けようとしたところ画面のケーブル、インカメラのケーブルが

断線してしまったものです。

実はこれ、初めて修理(練習)をしようとした時に筆者自身がやらかしたもの。

完全に使えないiPhoneとはいえ「破壊してしまった」というショックが大きく記念に撮って

おきました。

こうなってしまうと画面の交換・インカメラの交換が必要になります。

 

基盤がイかれる

iPhone 基盤 故障

 

 

 

 

 

 

 

iPhone(アイフォン)に限らず一番重要な基盤。

人間で言う脳や心臓の部分が基盤になります。

この基盤、当たり前ですがとても繊細。画面のケーブルを外す際やバッテリーのコネクタを外す際に

基盤の小さなチップを飛ばしてしまい修理後、電源がつかない・起動しないなど不具合が発生・・・。

残念ながら基盤は故障してしまうととても厄介。

修理できるところも限られており、修理料金もとても高額です。

 

 

 

と、このようにiPhone(アイフォン)の自己修理は多くのリスクが伴います。

修理料金が抑えられるから・・・も大切ですが失敗すればそれ以上の金額が必要になります。

安全に修理をするならやはりプロに頼むのがベスト。大切なデータを守るためにも修理は自身で

行うのではなく修理店に任せることをおすすめいたします。

 

 

iPhone修理料金一覧バナー

 

 

 

スマホ修理ドットコム予約

 

 

 

■iPhone/Androidお役立ち情報■