iPhoneSE といえば、日本人待望の小さいiPhone(アイフォン)が最後に発売されたiPhone(アイフォン)です。

最近ではiPhone12 miniが小さい端末ですがおそらく小さい端末を望んでいたユーザーはiPhoneSE(初代)を望んでいたのではないでしょうか。

 

今回は自分で修理したお客様からご依頼を受けました。

 

iPhoneSE を自分でバッテリー交換を試みたが・・・

iPhoneSE 液晶修理

実はiPhone (アイフォン)は2年で買い換える方がほとんどかもしれませんが

古いiPhone(アイフォン)でも使用しようと思えば結構使えるものです。

iPhoneSE は小型で片手で操作するにはかなり操作しやすく端末自体も小さいので

胸ポケットなどに入れたりして持ち運びにも向いている端末と言えるでしょう。

 

今回お持ち込みいただいたiPhoneSE のお客様ですが、バッテリー交換をした際に画面上部がタッチができなくなってしまったそうです。

 

画面上部がタッチできないと上部のアプリ操作できないだけではなくて電源を切りたいときに

画面上部をスワイプしないと電源が切れないのでそういった面でも不便ではあります。

また、自分で修理した際におそらく強く画面を引っ張ってしまったせいか

画面上部のバックライトにも村ができており

、このiPhoneSE はタッチパネル以外にもバックライトの表示にも問題が出ております。

 

iPhoneSE画面交換修理を致しました。

iPhoneSE ガラス

修理完了後の写真です。解像度がおかしくて申し訳ないです。

写真ではみにくいかもしれませんがバックライトのムラもなくなりタッチにも問題がなくなりました。
スマホ修理ドットコムではiPhone5から対応しており、予約さえいただければiPhone4やiPhone4sの修理も対応が可能です。

また、30分で修理が可能で今回はデータもそのままで修理が完了いたしました。

 

関連するiPhone 修理に関する記事はこちら!

 

 

iPhone 修理を自分でするのはどうなのか。自分で修理するにあたり注意すべき点やアドバイスをiPhone 修理店が解説してみた

 

 

オンライン予約